カテゴリー: DJI Mavic 3

DJI Mavic 3 Thermal をインフラ点検に使用する方法

インフラストラクチャ検査用の DJI Mavic 3 サーマルのセットアップに関するステップバイステップ ガイド Infrastructure inspections are essential for ensuring the safety of the public and the environment. Thanks to the latest advancements in drone technology, the DJI マヴィック3 Thermal is able to provide detailed thermal imaging of hard-to-reach places safely and efficiently. Here’s a step-by-step guide to help you set up the […]

DJI Mavic 3: フライト制御ソフトウェアの総合ガイド

Mavic 3 のフライト コントロール ソフトウェアの高度な機能を探る DJI マヴィック3 Mavicシリーズの最新版です。 ドローン、飛行制御ソフトウェアにさまざまな高度な機能を提供します。 このソフトウェアは幅広い飛行モードと機能をサポートしており、ユーザーはニーズに合わせてドローンの動作とパフォーマンスをカスタマイズできます。 Mavic 3 の飛行制御ソフトウェアの最も注目すべき機能の XNUMX つは、自動飛行モードです。 このモードでは、ドローンが自律的にたどる事前にプログラムされた飛行経路をユーザーが設定できます。 また、ドローンは途中で障害物を回避するため、ユーザーはドローンを手動で制御することなく、安全に映像を撮影できます。 Mavic 3 は、高度な追跡システムである ActiveTrack 3.0 も提供します。この高度な追跡システムにより、ユーザーは、ドローンが飛行中にフレーム内に保持する人物または物体を選択できます。 ドローンは障害物回避センサーを使用して、オブジェクトがフレーム内に留まり、ドローンが障害物から安全な距離を保つようにします。 Mavic 3 には、ユーザーが安全な距離から自分の動きを追跡するようにドローンを設定できるフォローミー モードも搭載されています。 エクストリームスポーツやランニングなど、ダイナミックでアクティブなシーンの撮影に最適です。 最後に、Mavic 3 は DJI Go 4 モバイル アプリと互換性があり、ユーザーはドローンを制御し、さまざまな高度な機能にアクセスできます。 このアプリは、高度な一連の飛行モードへのアクセスを提供し、ユーザーがニーズに合わせてドローンの動作をカスタマイズできるようにします。 Mavic 3 の飛行制御ソフトウェアは、さまざまな高度な機能を提供し、ユーザーは自分のニーズに合わせてドローンの動作と性能をカスタマイズできます。 この高度な技術により、ユーザーは驚異的な映像を安全かつ簡単に撮影できます。 Mavic 3 の自動飛行経路の利点 新しい Mavic 3 ドローンの登場は、その印象的な機能と能力により、ドローン愛好家の間で興奮を呼び起こしました。 Mavic 3 の最も印象的な機能の XNUMX つは、ドローンの飛行をこれまで以上に簡単かつ効率的にすることを約束する自動飛行経路技術です。 Mavic […]

DJI Mavic 3 Thermal: マッピング機能の使用ガイド

DJI Mavic 3 Thermal のマッピング機能を使用して温度を監視する方法 DJI マヴィック3 サーマルドローンは、熱監視の方法に革命をもたらしました。 このドローンには、離れた場所から温度測定値を取得できる高度な熱画像カメラが装備されています。 この機能は、遠隔地や危険な場所での温度監視に最適です。 のマッピング機能を使用するには、 DJI Mavic 3 サーマルドローンの場合、まずドローンにサーマルイメージングカメラを設定する必要があります。 カメラが設置されると、ドローンが離陸し、目的の場所まで飛行できます。 ドローンが飛行している間、熱画像カメラはリアルタイムで温度測定値を捕捉します。 次のステップは、地図作成ソフトウェアをセットアップすることです。 このソフトウェアを使用すると、マッピングに必要なパラメータを設定できます。 監視したい温度範囲とエリアを設定できます。 ソフトウェアは温度測定値の 3D マップを生成します。 このマップを使用して、温度測定値の異常を検出し、時間の経過に伴う温度変化を追跡し、レポートを生成できます。 のマッピング機能は、 DJI Mavic 3 サーマルドローンはさまざまな用途に使用できます。 危険な場所の温度監視から建物内のホットスポットの検出まで、このドローンは作業を迅速かつ正確に実行するのに役立ちます。 DJI Mavic 3 Thermal ドローンのマッピング機能を使用すると、遠隔地や危険な場所の温度を簡単かつ迅速に監視できます。 この機能により、あらゆる環境で温度を監視するための正確かつ信頼性の高い方法が提供されます。 DJI Mavic 3 Thermalのマッピング機能を測量・検査業務に活用するメリット DJI Mavic 3 Thermal のマッピング機能を測量や検査作業に使用すると、多くのメリットが得られます。 このテクノロジーを使用すると、高解像度の航空画像を迅速かつ効率的にキャプチャでき、従来の方法よりも詳細で正確な画像が得られます。 DJI Mavic 3 Thermal のマッピング機能は、土地や建物の測量だけでなく、建設現場、パイプライン、その他のインフラストラクチャーの検査や監視にも使用できます。 熱画像技術は複数の波長で画像をキャプチャし、さまざまな物体の温度に関する詳細な情報を提供します。 これにより、検査官は危険やコストがかかる前に、ホットスポットや潜在的な問題を特定できるようになります。 DJI Mavic […]

DJI Mavic 3 Thermalの主な機能

DJI Mavic 3 の新たに追加された赤外線画像機能の探索 DJI マヴィック3 が最近リリースされ、一連の新機能が提供されています。 これらの中で最も魅力的なのは、新しい熱画像機能です。 DJI が自社のサービスの XNUMX つに熱画像を組み込むのはこれが初めてです。 ドローン、そしてこれはドローン業界にとって重要な発展です。 Mavic 3 の赤外線画像機能は、赤外線画像技術の大手プロバイダーである FLIR によって強化されています。 ドローンには FLIR Lepton 3.5 長波赤外線 (LWIR) センサーが搭載されています。 このセンサーは、摂氏1度の温度差を検出できるため、非常に詳細な熱画像が得られます。 Mavic 3 の赤外線画像機能には、幅広い用途があります。 建物からの熱損失の検出、動物の追跡、遠隔地での火災の検出に使用できます。 捜索や救助活動にも使用でき、暗闇の中で人や物体をすばやく検出できます。 Mavic 3 には、赤外線画像機能を利用するためのさまざまな機能も装備されています。 ユーザーが簡単に熱画像をキャプチャできるようにする専用の熱画像モードがあります。 また、画像を操作してさらに情報を抽出するためのさまざまなフィルターとツールも備えています。 また, DJI Mavic 3の熱画像機能は、ドローン業界にとって大きな進歩です。 さまざまなアプリケーションで使用できる強力な新機能をユーザーに提供します。 これはドローン業界にとって大きな変革となることは間違いなく、今後数年間でどのように使用されるかを見るのは興味深いでしょう。 Mavic 3 の赤外線画像機能を他の DJI モデルと比較する 最近の発表 DJI Mavic 3 ドローンコミュニティで話題を呼んでいます。 最先端の熱画像機能を備えた Mavic 3 […]

DJI Mavic 3: DJI の最新ドローンの総合レビュー

Mavic 3 と以前の DJI ドローン モデルの比較 消費者向けドローン技術の世界的リーダー、DJI は最近、最新の主力ドローンである マヴィック3。 この先進的なドローンは、同社の以前のモデルとは一線を画す数多くの優れた機能を誇ります。 Mavic 3 には、驚異的な 1MP 静止画と 20K/4fps ビデオをキャプチャする強力な 60 インチ センサー CMOS カメラが装備されています。 ドローンは HDR 10 ビット ビデオを記録することもできるため、ユーザーは可能な限り最高品質の映像をキャプチャできます。 Mavic 3 は、最大 3.0 マイルの範囲と低遅延の 2.5p ビデオ フィードを提供する改良された OcuSync 1080 伝送システムも備えています。 改善されたカメラと伝送システムに加えて、Mavic 3 はバッテリー寿命も延長され、ユーザーは 31 回の充電で最大 XNUMX 分間飛行できます。 ドローンには、飛行中の安全性と安定性を高めるための改良された障害物回避センサーも付属しています。 Mavic 3 は、DJI の以前のモデルからの大幅なアップグレードです。 ドローン、Mavic 2 ProとMavic 2 Zoom。 […]

DJI Mavic 3: ホットスワップ可能なバッテリー システムのレビュー

Mavic 3 のホットスワップ可能なバッテリー システムがプロのドローン パイロットのゲーム チェンジャーであることを証明する方法 また, マヴィック3 DJI の革新的なホットスワップ可能なバッテリー システムは、プロのドローン パイロットの世界に革命をもたらしました。 このシステムにより、パイロットは消耗したバッテリーを新しく充電したバッテリーと交換できるため、より長く効率的に飛行できるようになります。 ホットスワップ可能なバッテリー システムは、パイロットが Mavic 3 から空のバッテリーをすばやく簡単に取り外して、充電したばかりのバッテリーと交換できるようにすることで機能します。 これは、ドローンの電源を切ったり、航空機からコンポーネントを取り外したりすることなく行われます。 これにより、パイロットは簡単にバッテリーを交換して空中に戻ることができます。 新しいシステムにより、パイロットはドローンを着陸させてバッテリーを充電することなく、長時間飛行することができます。 これは、より多くの映像をキャプチャし、より長い距離をカバーし、飛行時間を最大化できることを意味します。 また、パイロットが現場で複数のバッテリーを運ぶ必要性を減らし、最小限のダウンタイムで空中に戻ることができます。 ホットスワップ可能なバッテリー システムは、プロのドローン パイロットにとってゲーム チェンジャーです。 複数のバッテリーの必要性とダウンタイムを減らしながら、これまで以上に長く飛行し、より多くの地面をカバーすることができます。 プロのドローン パイロットは、Mavic 3 を使用して、飛行時間と効率を最大限に高めながら、見事な映像を撮影できます。 熱狂的なドローン パイロットのための Mavic 3 のホットスワップ可能なバッテリー システムの利点を探る 熱心なドローンパイロットは、最近リリースされた DJI Mavic 3。 この高度なドローンは、ホットスワップ可能なバッテリー システムを含む幅広い機能を提供します。 このシステムにより、ユーザーは電源を切ったり、長い充電を待ったりすることなく、ドローンのバッテリーを素早く交換できます。 Mavic 3 のホットスワップ可能なバッテリー システムは、熱心なドローン パイロットにいくつかの利点を提供します。 まず、ユーザーは電力不足を心配することなく、長時間飛行できます。 予備のバッテリーを XNUMX つまたは XNUMX […]

DJI Mavic 3T vs DJI Phantom 4 Pro: どちらがあなたに合っていますか?

DJI Mavic 3T と DJI Phantom 4 Pro を比較する総合ガイド ドローン技術に関して言えば、DJI は市場をリードするブランドの 3 つです。 最近、Mavic 4T と Phantom XNUMX Pro という XNUMX つの新しいモデルがリリースされました。 どちらも高級品です ドローン 強力な機能と優れたパフォーマンスを提供します。 ただし、いくつかの重要な違いもあります。 XNUMX つのモデルを比較するための包括的なガイドは次のとおりです。 デザイン: Mavic 3T は折り畳み式のドローンで、携帯性と輸送性が向上しています。 一方、Phantom 4 Proは、より大きく、より伝統的な外観のドローンです. カメラ: Mavic 3T には、12 インチ センサーの 1MP カメラが搭載されています。 また、カメラを安定させ、スムーズな映像を確保するための 3 軸ジンバルも備えています。 Phantom 4 Pro には、20MP カメラと 1 インチ センサーが搭載されています。 カメラを安定させる3軸ジンバルも搭載。 […]

DJI Mavic 3 Thermal: Return-to-Home 機能の概要

DJI Mavic 3 Thermal の Return-to-Home 機能の利点を探る DJI マヴィック3 Thermal は、その画期的な機能でドローン業界に波紋を広げている最先端のドローンです。 その最も印象的な機能の XNUMX つは、Return-to-Home 機能です。これにより、緊急時またはバッテリーレベルが低すぎる場合に、ドローンが自律的に離陸地点に戻ることができます。 Return-to-Home 機能は、ドローンの電源が切れた場合に役立つだけでなく、ドローンが危険地域に進入するのを防いだり、元の発射場所から遠く離れて飛行するのを防ぐためにも使用できます。 この機能は、遠隔地や不慣れな場所での飛行を頻繁に行う商用ドローン オペレーターにとって特に便利です。 Return-to-Home 機能は、経路上の障害物を検出することもでき、障害物を回避するためにそれに応じて飛行経路を調整します。 これにより、途中に障害物があっても、ドローンが安全に発射地点に戻ることが保証されます。 Return-to-Home 機能により、ドローン操縦者は自分の飛行状況を簡単に把握できるようになります。 ドローン なぜなら、何があってもドローンが戻ってくると確信できるからです。 これにより、オペレーターはドローンの位置を気にすることなく、ミッションの他の側面に集中できるようになります。 Return-to-Home 機能は、ドローンの運用をより安全かつ効率的にする画期的なイノベーションです。 許可することで ドローン 緊急時やバッテリー残量が少ない場合に自律的に発射地点に戻るため、オペレーターはドローンが安全に帰還できることを確信できます。 この機能は、オペレーターがドローンを追跡し、危険エリアに入らないようにするのにも役立ちます。 Return-to-Home 機能は、 DJI Mavic 3 サーマル機能は商用ドローン操縦者にとって間違いなく大きな資産となるでしょう。 リターントゥホーム機能がDJI Mavic 3 Thermalの飛行性能をどのように向上させるか DJI Mavic 3 Thermal は、空中飛行体験を向上させる多くの機能をユーザーに提供する強力なドローンです。 Mavic 3 Thermal の最も便利な機能の XNUMX つは、Return-to-Home (RTH) […]

DJI Mavic 3 の飛ばし方: 初心者向けのヒントとコツ

初めてのフライトのために DJI Mavic 3 をセットアップする方法 新しい DJI で最初の飛行をする準備はできていますか? マヴィック3? 離陸する前に、ドローンが適切にセットアップされ、飛行準備ができていることを確認することが重要です。 Mavic 3 の最初の飛行の準備をするには、次の手順に従ってください。 1. バッテリーの充電: 飛行する前に、バッテリーが完全に充電されていることを確認する必要があります。 バッテリーを充電器に接続し、電源に接続します。 バッテリーを完全に充電するには、約 XNUMX 時間半かかります。 2. プロペラの取り付け: バッテリーが充電されたら、プロペラを取り付けることができます。 プロペラがドローンにしっかりと取り付けられていることを確認してください。 3. DJI Go 4 アプリをダウンロードします。DJI Go 4 アプリは、ドローンを制御するために必要です。 スマートフォンやタブレットにアプリをダウンロードし、アカウントを作成してください。 4. ドローンをアプリに接続する: アプリをインストールすると、ドローンをアプリに接続できます。 ドローンの電源を入れ、DJI Go 4 アプリを開きます。 「接続」オプションを選択し、画面の指示に従ってドローンをアプリに接続します。 5. コンパスのキャリブレーション: 飛行する前に、コンパスをキャリブレーションする必要があります。 DJI Go 4 アプリを開き、「キャリブレーション」オプションを選択します。 画面の指示に従って、キャリブレーション プロセスを完了します。 6. 飛行前チェックの実行: 離陸する前に、飛行前チェックを実行することが重要です。 ドローンが安全な場所にあり、すべてのコンポーネントが適切に機能していることを確認してください。 これらの手順を完了すると、 […]

DJI Mavic 3T を市場の他のドローンと比較する方法

他のドローンと比較したDJI Mavic 3Tの長所と短所 新しい DJI マヴィック 3T ドローン業界のゲームチェンジャーとして注目されています。 コンパクトなサイズ、長いバッテリ寿命、および高度な機能により、競合他社より際立っています。 しかし、他のMavic 3Tと比較して、Mavic XNUMXTの長所と短所は何ですか? ドローン? Mavic 3T の最大の利点の 6.5 つは、そのサイズです。 幅わずか 35 インチで、市場で最もコンパクトなドローンの XNUMX つです。 バックパックやスーツケースに簡単に収まるため、旅行に最適です。 ドローンのバッテリー寿命も長く、最大 XNUMX 分の飛行時間があります。 さらに、Mavic 3T には、あらゆるドローンで利用できる最先端の機能がいくつか搭載されています。 4 軸ジンバルを備えた XNUMXK カメラを搭載しており、風の強い状況でも安定した映像を提供します。 また、障害物回避や、Follow Me や Point of Interest などの高度な飛行モードもあります。 Mavic 3T はまた、最大 6.2 マイルの範囲と 31 mph の最高速度を備えており、市場で最速のドローンの XNUMX つとなっています。 ただし、Mavic 3T にはいくつかの欠点もあります。 ドローンは競合他社の多くよりも高価で、価格は約 […]